2005年09月13日

(悪)知恵に感心

相変わらずよっくんは自分で歩かず、「だっこ」。
「歩こう」と言ういだけでは、歩くことはほとんどありません。
「よーいドン」と言って、歩く(走る?)ように仕向けるのが精一杯です。家に帰る途中、コンビニによって帰ろうとしたときです。「コンビニに行って、アイスも買おうね」と言うと、はじめのうちは「あいす」と言いながら、機嫌よく歩いていました。

しかし、途中で、「あるけないよー」と言い出して、抱っこしてと言わんばかりに足元にまとわりつきます。それでも抱っこせず歩いていると、仕舞には、歩道で座りこみです。こうなると、梃子でも動きません。最後の切り札、「歩かないとアイス買わないよ」と言っても、動きません。しばらく、説得を試みましたが座ったまま歩こうとしません。
仕方がなく、「アイスは買わないからね。」と抱っこをしてコンビニまで行きました。当然、アイスは買わないつもりでした。

ところが、あと、10mでコンビニというところまでくると、突然「あるく」と言い出し、下ろすとコンビニに向かって歩き始めるではないですか。そしてコンビニに着くなり、とてもうれしそうな顔をして「あるいたよーーーあいすは?」。

もともとそのつもりだったのか、コンビニに近づいて思ったのかはわかりませんが、その発想に感心してしまって、アイスを買ってしまいました。
でも、次回からはその手には乗りません。


posted by しげ at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 育児
この記事へのコメント
みんカラでお世話になっていますゆかです。こちらも楽しく拝見させていただいております。

可愛いですね、よっくん。^^
うちの母は、いつも抱っこしてばかりだったので(私のことを)、歩けるようになったら歩きたがって逆に困ったわ、なんて言っていました。

車の多い道でも足もとの悪い道でも・・・だそうです。

育児ブログ更新、楽しみにしています。ではまた。
Posted by yuka at 2005年09月15日 11:39
ども。コメントありがとうございます。
なるほど。むしろ抱っこするだけしてあげる方が、かえって歩くようになるかもしれませんね。
Posted by しげ at 2005年09月15日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。